西川・森の市場は、西川の森と直接結ばれた家づくりをサポートするNPO法人です。埼玉県飯能市。

森の市場ブログ

9月のてにもりカフェ

こんにちは、村上建築設計室・村上有紀です。

来週は、9月のてにもりカフェです。

今月は、場所を西川材・ショールームと、
お隣「Kinoca」さんの西川材をふんだんに使った小屋をお借りして、
27日(日曜日)に実施いたします。
テーマは、「くらしの設計図」をつくる第二弾!
初めての方も、2回目の方も取り組んでいただけるワークショップです。
どんな家に暮らそうか?
家づくりをどこに頼もうか?
そもそも、木の家ってどんな家?
そんなことを一緒に考える時間です。
少人数のカフェですので、
ちょっとした疑問やご相談もお寄せください。
+++
飯能にも秋の気配が訪れ、
自然を満喫するにも良い季節です。
池袋から1時間ほどの、身近な森です。
どうぞお気軽に遊びにいたしてください。
【会場】
西川材 ショールーム  埼玉県飯能市虎秀45
【申込方法】
TEL、FAX、メールのいずれかの方法で、次の事項について、
下記のお問い合わせ/お申込みへご連絡ください。

・イベント名:てにもりカフェ9月
・参加代表者の氏名
・参加人数
・〒・住所
・TEL
・FAX
・Eメール

【キャンセルについて】
なるべく開催前日16時半までにご連絡ください。


【お問い合わせ/お申込み】
NPO法人西川・森の市場(日曜・月曜休)
TEL: 042-970-2177
FAX: 042-970-2188
e-mail: nishikawa@morinoichiba.net

 

 

 

| 家の話 | 08:51 | comments(0) |
てにもりの家プロジェクト@東吾野

残暑お見舞い申し上げます。

とろけそうな毎日が続いてますね。
自粛が続き、梅雨明けも遅かったので、
身体が急な暑さについていきません。
さらに、一昨日、昨日と、夕方の雷雨が激しかったですが、
浸水の被害などはございませんでしたか?
身体に、お天気に、くれぐれも気をつけて、
この特別な夏を乗り切りましょう。
+++
さて、今年は春からコロナによるイレギュラー生活が続いておりますが、
森の市場では、「てにもりの家」のプロジェクトがスタートしました。
こちらのブログでもその様子をご紹介いたします。
今回の「てにもりの家」は、株式会社フォレスト萩原 さんの、
社員寮となるものですが、規模としては30坪弱、
4〜5人の家族が住む一般の住宅と同じような構成です。
ただ、夕方は、職人さん同士が車座でお話をすることが日課になっているそう!
(いまは作業場の軒下で行われている、素敵な風景です)
玄関を広めに土間を設け、
その素敵なコミュニケーションの場にもなったら!と思います。
土間の正面には、木製の造作キッチンとベンチを設ける予定。
お茶やお茶菓子、時には食事を楽しむ、
そんな風景を勝手に妄想しています。
村上建築設計室 murakami-design.com
| 家の話 | 12:33 | comments(0) |
7月18日(土) てにもりカフェ+木まぐれDAIKUが何かを造る・‥ろ通り一番

7月18日(土)『てにもりカフェ+木まぐれDAIKUが何かを造る・‥ろ通り一番』開催致します。

てにもりカフェでは『コウ設計工房・大沢さん』が設計のお話を、

木まぐれDAIKUが何かを造る・‥ろ通り一番は『当麻工務店・当麻』が何かを造ります。

是非、ご参加下さい。

 

先月の『てにもりカフェ+木まぐれDAIKUが何かを造る・‥い通り六番』の様子ご覧下さい。

 

『ヒダマリデザイン設計室の太田さん』です。

 

木まぐれDAIKUはミニチュアチェアーを参加された方々と造りました。

 

 

(有)当麻工務店 当麻浩成こと木まぐれDAIKU

 

| 家の話 | 19:26 | comments(0) |
木を編む

狭山市に建築中の現場にて

建て主さんのご夫婦とコウ設計工房の大沢さんに木を編んでもらいました

どこに使うかわかりますか?


そうです、床の間の網代天井です

おさめるのだけは僕の仕事




三ヶ宮建築  小山

| 家の話 | 19:46 | comments(0) |
引渡しでした。

5月より森の市場に入会しました。『設計室enの小野です』よろしくお願いいたします。

 

当麻さんからブログUPのご指名をいただいてしまったので、UPしなければですね。。。汗

 

ちょうど八王子市で進めていた現場が引き渡しとなりました。

延床面積24坪とコンパクトな住宅ですが、吹抜と視線が対角に抜けるので、

坪数以上に広く感じる空間に仕上がったように思います。

 

構造材、床板、天井板は杉板。壁の仕上げは漆喰塗りと自然素材で仕上げています。

 

キッチンも造作で造っています。

樹種は栗です。

 

外構工事が終わったら、外部の写真をUPできればと思います。

 

 

 

次の書き込みですが、、、、

同じく新規会員の『村上さん』か『清水さん』お願いします。

 

設計室en 小野

 

 

 

| 家の話 | 18:02 | comments(0) |
清心幼稚園を木でいっぱいに その3

2019.8.14「清心幼稚園を木でいっぱいに その1」
2019.9.6「清心幼稚園を木でいっぱいに その2」
のブログで紹介した清心幼稚園の工事が完成しました。



【設計:ヒダマリデザイン設計室】
園長先生と奥様は元々、山小屋のような
木をふんだんに使った幼稚園にしたかったとの事。
新築では叶わなかったので、この機会に夢を叶えたい。
でも、木をただ単に貼るだけだとつまらない。
ホール正面を1つの大きなキャンバスに見立てて、
木をどうやって生かしたデザインにするか、打ち合わせを重ねました。
羽目板を止める下地、羽目板と漆喰の取り合い、木のオブジェの留め方、
羽目板先端の納まり、法的規制やご予算をクリアする事。
様々な問題をひとつひとつ、乗り越えていきました。

ホールの壁に、羽目板を貼ることで山小屋風に。
ホール正面は羽目板を腰まで凸凹に貼り、その上は左官職人さんによる漆喰塗り。
その漆喰部分に、子供達やお父さんお母さん達がつくった、
春夏秋冬の森を彩る生き物や葉っぱなどを模した
木製のオブジェを飾る事となりました。

プロの職人さん達による優れた施工に加えて、
この幼稚園にご縁のある方が参加する事で、
ここに集う皆さんの想いが詰まった空間になりました。



【施工:当麻工務店】
お子ちゃま達が作った『オブジェ』。
いろんな葉っぱや昆虫、ガーガー(鴨)もいて楽しい広場になりまたね〜。
清心幼稚園での仕事、仕上がり、西川材を色々な方に見て頂けたらと思います。
とても楽しく仕事が出来ました。
園長先生、ありがとうございました。



【木工品(壁に飾るオブジェ)製作 木楽里】
壁面に取り付けるオブジェは「きこりの会」(園児のお父さん達の集まり)の皆様が
中心になって製作した幼稚園の手作りです。
今後、季節ごと、イベントごとのオブジェを作りたいと
お父さん達は盛り上がっていました。
木に囲まれて元気に遊び回る子どもたちに会いに行きたいですね。


ヒダマリデザイン設計室 太田
当麻工務店 当麻
木楽里 井上

| 家の話 | 10:09 | comments(0) |
清心幼稚園を木でいっぱいに その2

清心幼稚園の工事が始まりました。

設計はヒダマリデザイン設計室、
施工は当麻工務店、
木工品(壁に飾るオブジェ)の製作は木楽里です。

ここがホールの正面です。



漆喰を塗って、2019.8.14のブログ
「清心幼稚園を木でいっぱいに その1」で紹介した
園児と家族有志が作った木のオブジェが壁面を飾ります。



当麻工務店さん鋭意作業中です!


木楽里 井上

| 家の話 | 15:38 | comments(0) |
清心幼稚園を木でいっぱいに その1

練馬区にある清心幼稚園が改修するにあたり、
内装を木質化することになりました。
工事に先立ち、
幼稚園のお父さんたちのグループ「きこりの会」が中心となり
壁面を飾るオブジェ製作を木楽里で行いました。



このオブジェは、マグネットで壁に取り付けられる仕様です。
季節ごと、イベントごとに壁に飾るものが選べるので、
部屋の雰囲気を変えられる仕掛けになっています。



午前中はオブジェづくり。
子どもたちよりもお父さんお母さんが真剣に作業に取り組んでいました。
午後はたいら栗園でバーベキューと川遊び。
子どもたちも満足した様子です。



お盆休みが明けたら本格的に工事が始まります。


木楽里 井上

| 家の話 | 15:50 | comments(0) |
H2さんのおうち その2

2016.7.7「H2さんの木がいよいよ材木に」
2017.4.20「H2さんのおうち」
の続きです。



今は左官さんが入り、
漆喰を塗る前の養生テープを貼る作業をしていました。

壁がはられ、棚などもできていて、
間取りがわかるようになっていました。



2階もしかりです。



2階の書斎(勉強スペースかな?)には、
H2さんが伐採に立ち会った木が使われています。

実は、1枚目の写真のカウンターでも使われていますが、
キズがつかないように、上に別の板がのせてあるので、
写真では見えません。

家づくり進んでいます。


森の市場 り

| 家の話 | 11:34 | comments(0) |
H2さんのおうち

2016.7.7のブログ「H2さんの木がいよいよ材木に」
でも書いたH2さんの家が今、進行中です。
施工はタクミカルが担当しています。



木の家は入るといい香り。



さて、H2さんが伐採に立ち会った木はどこに使われているか。
わかりやすいのが、写真のほぼ中央を走っている梁です。
木の一番根元の部分です。
この梁には、黒檀でつくった「ちぎり」という割れ止めが入れてあります。
ちょうちょう、もしくは、リボンを横にしたような形をしています。
全体は見えませんが、写真にも写っています。



2階では、タクミカルのイケメンの職人さんが、
窓枠をつくっていました。
窓から見える景色がとても広く、今は春らしい緑が目に入ります。

6月頃完成予定です。


森の市場 り

| 家の話 | 10:59 | comments(0) |

このページのTOPへ

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

コンテンツガイド