西川・森の市場は、西川の森と直接結ばれた家づくりをサポートするNPO法人です。埼玉県飯能市。

森の市場ブログ

9月のてにもりカフェ、ありがとうございました!

先日の日曜日は、9月のてにもりカフェの時間、村上が担当しました。

Tさんご夫婦がご参加くださり、久しぶりの家づくりと暮らしの雑談のおしゃべりに、

わたしのほうが楽しんで、しゃべりすぎてしまった気がします(笑)

 

今回は日曜日開催でしたので、西川材ショールームで家具体験をしていただいた後、

雑貨カフェKinocaさんのヒノキ小屋をお借りしての開催。

(当日の写真を撮るのを忘れてしまいました(^^;下の写真は昨年のてにもりマーケットより)

 

 

 

2月のてにもりカフェにつづきまして、「暮らしの設計図」をつくるはじめの一歩。

自分たちはどんな暮らしをして、どんな住まいが欲しいのかを書き出してもらいました。

 

・薪ストーブ

・家庭菜園

・土間

・自転車

・人が集まる

・本棚

・小上がりの畳

・自然

・家族

・やすらぎ

 

そんなキーワードが並びます。

ご夫婦で「自然と近い暮らし」をテーマに据えておられますが、

具体的なその暮らしイメージはそれぞれにあるのが面白いところ。

 

「ハンモック」に揺られて「小鳥のさえずり」を楽しむご主人と、

「ひなたぼっこ」しつつ、「花」「ガーデニング」を楽しむ奥様。

「家庭菜園」はおふたりとも。

 

コロナにより、おうちで過ごす時間がたっぷりととれ、

ご夫婦での家づくりの相談や準備もできているようです。

まずは、土地をお探しとのこと。

森の市場からもよい情報があれば、お届けしたいと思います。

 

よい土地がみつかり、理想の暮らしが具現化することをお祈りしています!

 

 

村上建築設計室 murakami-design.com

オンライン個別相談会は、随時開催しています♪

 

| てにもりの家 | 06:15 | comments(0) |
西川材の家
美杉台に建つ西川材を使った家です。
モデルハウスとして建てられ、その後
購入された方が住んでいます。木と漆
喰の家に雑木の丸太があり、外部はガ
ルバリウムで包まれ、屋根には「そよ
風」の試作品が載せられています。
想定した通りのご家族が住まわれてい
ます。そのころ話題の定期借地での販
売でしたが、思ったほどの反響は得ら
れませんでしたが、この並びに仲間が
設計監理した家が4軒並んでいます。
西川材を山で伐採し、様々な利用を考
えて製材し完成した住宅です。ここは
2階の多目的スペースですが、家族で
使うカウンターはきれいな杉の厚板で
つくりました。伐採した杉の丸太の太
い部分を板状に製材したものです。も
ちろん柱や梁、そして板材も一緒に製
材した杉です。この他にもきれいな西
川材を活かした面皮柱(角に丸みを残
した製材)や8寸角の大黒柱、背骨の
ように家を支える太い背梁なども見え
るようにしています。健康と安心感の
塊・・・です。
  マツザワ設計 松澤静男
   https://www.aa-mat.net/
ほぼ毎日更新BLOG  s-mat.jugem.jp/
| てにもりの家 | 16:48 | comments(0) |
自然の中の木の家
2階のファミリースペースから吹抜け
越しに見る、南の保全林。
木と漆喰の家と雑木林はマッチしてい
ます。家族で利用するファミリーコー
ナーの机、その前のリビング上部の吹
抜け、そしてその先に見える市の保全
林。家族みんなの楽しい場所です。
  マツザワ設計松澤静男
| てにもりの家 | 16:23 | comments(0) |
てにもりカフェ6月開催しました

こんにちは。設計会員のヒダマリデザイン設計室 太田です。

今日は午後からすっかり雨模様になりましたね。

明日も雨のようですね、じめじめしていますが

心だけでもカラッと行きたいですね。

 

さて、2020年6月27日土曜日。

てにもりカフェ6月、無事に開催しましたのでご報告の記事です。

 

2組の方にご参加いただきました。

お忙しい中、お越しくださりありがとうございます!

 

『木の家づくりはじめの一歩』と『木まぐれDAIKUが何かを造る…い通り六番』

というコラボ回でした。

 

はじめに、『木の家づくりはじめの一歩』にて、

設計のお話を聞いて頂きまして。。。

 

 

 

『木まぐれDAIKUが何かを造る…い通り六番』

にて、当麻工務店 当麻さんのコーナー。

ミニ椅子作りの体験をしていただきました。

 

 

 

「釘打ち久しぶりにしました〜楽しかったです」

とご感想もいただきました。

 

楽しんでいただけて良かったです。

 

長時間ご参加ありがとうございました。

 

木の家づくりの「一歩」の日になりますように。

 

 

 

 

 

 

 

次回のてにもりカフェは7月18日土曜日です。

テーマは、「家づくりのポイントを探そう」

担当は、コウ設計の大沢さんです。

家づくりご検討の皆様、どうぞお越しください。

 

イベントのページはこちら

 

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル

| てにもりの家 | 18:00 | comments(0) |
小さな木の家(庫裡)

JUGEMテーマ:地域/ローカル

今月末完成引き渡しに向けて

 

左官屋さんが玄関の土間を墨入りモルタル刷毛引き仕上中。ペンキ屋さんは木建塗装中ですが、本当は生地仕上げの予定でしたが、急遽変更希望が出て・・・。外壁は焼杉磨き(炭をある程度落としたもの)仕上です。準防火地域ですが、こんな仕上が可能です。内部も和紙貼り工事が進行中で、何とか完了検査に間に合いそうです。

住職ご夫妻とお子さん二人の小さな住まいです。(15坪弱)

                     マツザワ設計 松澤静男

| てにもりの家 | 15:48 | comments(0) |
飯能での半農ライフ×子育てライフ

こんにちは、村上建築設計室です。

1年前のちょうどいま、森の市場は、川越の丸広百貨店でのイベントをしていました!
Facebookで過去の投稿があがってきて、思わずなつかしく、また、今年の状況に改めて驚きつつ。
わたしは、去年のこのタイミングで西川・森の市場に参加し、
1年間四季折々の飯能を訪れては、いいところだなぁと深呼吸。
この春の風景も楽しみにしていたのですが、また来年へのお楽しみになりました。
森の市場のパンフレットなどをつくるなかで、飯能市のHPなどもたくさん見ましたが、
「農のある暮らし」のサイトは、あぁ、、いいなぁと、癒しでした(笑)
田園風景(@宇都宮)育ちの私は、写真から土や草の匂いも脳内再現できます。
この飯能で子ども時代を過ごせることは、ほんとにうらやましい限りです。
もちろん、森の市場の私たちでも飯能での「半農ライフ」、家づくりから応援しています。
ぜひお気軽にご相談くださいね。
++++
また、夏休みには、親子イベントなども企画したいと、
年初よりみんなで計画も練っておりましたが、今年はコロナの状況を見極めつつの実施となりそうです。
おそらく、子ども達には短い夏休みとなると思いますが、だからこそ身近な飯能での楽しい企画は実施したい。
企画がきまりましたら、またこちらでもお知らせいたします!
++++
★お知らせ★
村上建築設計室では、毎月WEB相談室を開催しています。
6月は「子ども」がテーマのオンライン勉強会です。
ご興味のある方は、こちらをご覧ください。
(村上建築設計室のブログにとびます)
| てにもりの家 | 10:15 | comments(0) |
原市場の古民家を集いの場に

JUGEMテーマ:地域/ローカル

100年以上、生活の場となってきた住宅の一部をエコに興味のある方や古き良きものが大好きな方に、そして家族と親戚も楽しめる場に改造!

最終的には全体を耐震補強、断熱補強をしながら、これからも長く暮らせる場にすることを想定し、今回は1/3程度を多くの方に利用して頂けるようにしました。初めのうちは家族で快適な生活を楽しみ、徐々にお友達も利用するように・・・と考えています。

どこまで古さを残し、どこまで安全で快適にするか?なかなか難しい判断がありましたが、またこれから50年100年と使い続けられたらと思います。

コロナが落ち着いた頃には、興味のある方にはお立ち寄り頂けるようになれば・・・と期待しています。古民家を味わいながら、自然を満喫し、前の川で遊ぶことも出来ます。ハイキングの途中で一休み・・・も良いですね。

 

                           マツザワ設計 松澤静男

| てにもりの家 | 14:10 | comments(0) |
森の市場の冊子ができてますよ!

こんにちは、村上建築設計室の村上有紀です。

ずいぶん前に「森の市場の設計施工メンバーの冊子を作っていますよ!」
とご紹介しましたが、この春に完成いたしました!
「てにもりの家図鑑」
ご希望の方は、こちらからご請求ください。
*****
木の家での暮らしが、木材と森の循環をうながす、そんな家づくりです。
この、「循環」は森に限らず、すべての生命の営みです。
(私たちの体もそうですね!)
自分の体に置き換えてみると、循環を止めることは病気になることです。
であれば、森の循環がうまくいかない状況のリスクもイメージできますよね。
木を使っていくことは、この循環をうながすエンジンです。
木の家が好き!木の家に住んでみたい!という方は、
ぜひ、その先の森の循環をイメージしてみてください。
私の暮らしが社会や自然とつながっていること。
難しい数字やらは抜きにして、その広がりが面白いと思いませんか?^^
村上建築設計室 murakami-design.com
| てにもりの家 | 10:44 | comments(0) |
家をつくるということ

こんにちは。村上建築設計室です。

 

今回のように、淡々とした日常が失われると、

いろいろと考える、そんなきっかけになります。

世の中全体でもそうですし、私たちの生活でもそうですね。

 

 

 

家を設計するという仕事をしている私は、

ふと、家をつくるってどんなことかしら。

そんなことを青い空をみながら考えたりしました。

 

 

家というのは、暮らしを包む器です。

家の形は、暮らしの形を具体的にかたどったもの。

 

では、暮らしのカタチって?

暮らしの形は目にとらえにくいですが、行為として現れています。

あるいは、暮らしで使う道具や、暮らしを豊かにするモノに現れています。

 

 

つまり、その行為や物たちは、住む人を、住む人の考えを、現しています。

 

住む人の価値観や、暮らしの哲学、身体性など、

目にとらえにくい「その人らしさ」を具現化しているのが、

間取りであり、素材であり、家の形です。

 

お施主さんと私の、抽象と具象のあいだ。

そのあいだをいったり来たりをしているのが、私の仕事です。

 

 

 

 

そして。

その作業は、とても楽しい。

ぜひ、この楽しさはお施主さんに味わってほしいものです。

自分で間取りをつくってみたい、

そんなお施主さんの思いも応援したいと思っています。

 

 

 

村上建築設計室 村上有紀

murakami-design.com

 

 

 

---村上建築設計室の相談会---

 

定期的に(随時も)相談会もやっています。

この時期はオンライン(ZOOM)で^^

 

 

詳しくはこちら。

https://mdesign.exblog.jp/30027851/

 

 

 

 

| てにもりの家 | 17:12 | comments(0) |
コロナ対策にもなる、会わずに面談

続きを読む >>
| てにもりの家 | 14:44 | comments(0) |

このページのTOPへ

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

コンテンツガイド