西川・森の市場は、西川の森と直接結ばれた家づくりをサポートするNPO法人です。埼玉県飯能市。

森の市場ブログ

完成見楽会のお知らせ

こんにちは。
西川森の市場・設計会員のnico設計室・本橋です。

−完成見学会開催のお知らせです−

この度お施主さまのご厚意により、完成見学会を開催させて頂くことになりました。

埼玉県所沢市狭山ヶ丘の家

「日時」2015.10/17(土)一般公開

        10/18(日)ご予約制 共に10:00〜16:00

「会場」埼玉県所沢市狭山ヶ丘2丁目99-13

「お問合せ先」nico設計室 TEL :04-2965-9012
             E-mail:nicodesignroom@gmail.com

「当日連絡先」nico設計室 本橋裕基:090-2764-7365

今回の住宅は、珪藻土や無垢の杉の床板といった自然素材を取り入れながら、
建て主様とご予算の調整をし一般的なクロスや既製の建具もした造りとなっておりますが、
ったく違和感のない一つの統一された空間になったと思います。

延床73坪の完全二世帯の大きな住宅となっておりますが
1棟で2棟分(吹抜けのあるタイプ・無いタイプ)の両方を見て頂ける間取りとなっております。

シンプルで気取ってない普通の家です。
ぜひこの機会に遊びにお越し下さいませ。

ご来場ご希望の方は、一度上記問合せ先へ電話及びメールにてご連絡して頂けると助かります。

今後の家づくりの参考にして頂けれ幸いです。
宜しくお願い致します。

nico設計室のホームページよろければ見て頂けるとうれしいです。

http://nicodesignroom.wix.com/nico 

| 設計/デザイン | 17:48 | comments(0) |
木の家見学会のお知らせ
 5月17日(日)10時より「築15年の住まう家」見学会を行います。

コウ設計工房設立初期の頃の作品で、入間市牛沢町にあります。

住まう家の見学というのは、家主さんの都合もありますし、何より「コウ設計工房に協力しよう・・」という気持ちでご了解いただいているので、とてもありがたいです。

この機会に、木の家は出来たてが美しいだけではなく、年月を経て「いい味が出てくる」ところを感じて頂きたいと思います。

詳しい住所は、お問い合わせ頂ければご案内しますので、森の市場またはコウ設計工房へお問い合わせください。

コウ設計@大沢
| 設計/デザイン | 14:57 | comments(0) |
置き床
もうすぐ引渡しの家の主な構造材は、メンバーの早野材木店より納入されています。

大黒柱は、森の市場主催の「木の伐採見学会」で施主自らチェーンソーで伐ってみた80年ほどの杉材。
その木の伐採、製材をした小峰材木店、小峰さんより、製材に立ち会った際に、建て主さんがもらった杉の木の板。

「あて」と呼ばれ、斜面から生えているので、根元の少し曲がっている部分です。

今回、お茶用の炉のある4.5帖の和室に「置き床」として利用させてもらうことに。

施工者の、吉澤建設工業さんに綺麗に削ってもらい、とても綺麗になりました。

 

建て主さんも大満足です・・・

コウ設計@大沢
| 設計/デザイン | 09:50 | comments(0) |
中野の家11 完成見学会のお知らせ/マツザワ設計
中野の家11 完成見学会のお知らせ 中野の家11

家づくりの会の仲間と共著の「やっぱり木の家が欲しい」を読んでの事務所来所からの設計スタートでした。数名の建築家と工務店を候補として検討されたようですが、設計者を決めるのも、工務店を決めるのも、なかなか難しい作業ですので、最後はエイヤッと決めるのでしょうね。

お会いしてからいろいろお話をしたり、見学会に参加して頂いたりしながら、お互いの考えや住宅感についても理解を深めて行きました。家族で楽しく暮らしたという事と、家は安全な建材で造りたい!という事はかなり強く伝わって来ましたので、家のあちこちにその色が見えると思います。

折角RC造志向から木の家に目を向けて下さったのですから、嫌っていうほど木の魅力に包まれた家にしたいと思い、設計をスタートしました。

太陽熱利用のそよ風も採用し、お陽さまとも仲良しの健康省エネ住宅(内外断熱)となりました。工事の着工が少々遅れ、年末のバブル期のような資材不足にもぶつかり、いろいろ苦労が続きましたが、工務店や協力業者の頑張りもあり、何とか完成に漕ぎつけました。

この地域にしては日照条件が良い敷地で、今のところ四方とも住宅と接近していません。2階にLDKを持つ逆転プラン住宅とし、西側の広いウッドデッキがリビングにつながり、街中にしては開放的な木の家になりました。
都内でもこんな家に住めるんだ・・・という事をご覧になって実感して下さい。
 
●日   時: 4月23日(土)10時30分〜16時30分くらいまで
●場   所: 東京都中野区
●集   合: 現地集合 または JR中野駅南改札口集合 。隠飴30分 ■隠鎧30分            *集合場所はどちらかを選んで、申し込みの際にお伝えください。         
*駅集合の場合、スタッフが現地までご案内します。         
*駐車場はありません。
●参 加 費 : 無料
●定   員: 特に無し    
  
●設計監理: 松澤静男/マツザワ設計
●施   工: 蟯飮街務店 
○規   模:敷)96.82屐 ̄箴押97.49屐29.50坪)
○構   造:木造2階建
 
★当日は、家づくりのプロセス、仕様などを説明させていただきます。 
  仝畫娃隠瓜から 午後2時から の2回です。
★説明の時間以外でも、終日現地に松澤がおります。
  ご質問等ありましたら、お気軽にお声掛けください。

*参加ご希望の方は、FAXまたはEメールにて マツザワ設計までお申し込みください。
 折り返し案内図、当日連絡先をお送りいたします。
 お申し込みの際には、住所、氏名、電話・FAX番号、参加人数、集合場所をお伝えください。
 

一級建築士事務所 マツザワ設計
 tel 048-885-8241 fax 048-885-8219
 Email smat@aa-mat.net(松澤アドレス) 
Website http://www.aa-mat.net



 松澤BLOG 思いもよらなかったい家
 マツザワ設計現場BLOG
 twitter
| 設計/デザイン | 11:12 | comments(0) |
森の市場の家づくり
先日、森の市場のイベントで出会った建て主さんの家が上棟しました。
勿論、材料は森の市場から仕入れました。

森の市場では、家づくりサポートを行っています。
代表との雑談や工務店さんの話、伐採見学会を経て、コウ設計工房へ相談に来られたのが始まりです。
林業家から、製材所、工務店を経て現場に運ばれ、無事に上棟することが出来ましたが、この家には、伐採に立ち会った木も使われていて、さらには、上棟した場所から10mくらいのところで育った木も小黒柱に使われています。

その小黒柱は、数年前に伐り倒した杉の木を、僕が貰い受け、グリーンスマイルの細田さんに製材して預かってもらっていました。
たまたまその場所に土地を購入した建て主さんは、コウ設計と出会うのが運命だったのですよ、きっと・・・
元値はただですが、製材と保管料のみで使うことになり、僕としてはちょっと満足です。

森の市場の木は、工事担当の吉澤さんも、良い材料だ・・と云っていました。

設計から工事までの新築は、森の市場としては第一号なので、杉の価格で桧の梁を数本提供してもらいました・・・良かったですね、建て主さん・・・



家づくりをお考えの方は、どうぞ森の市場へ・・・
| 設計/デザイン | 17:03 | comments(0) |
来年の話ですが・・・
まだまだ先の話ですが、西川材を使って家をつくる・・・かも、という話が進んでいます。11月20日(土)の伐採見学会で伐った木を使って、来春から夏か秋完成を目指して家づくりをします。

伐採見学会で伐った木を使う家づくりは久しぶりで、ちょっとドキドキしています。今のところ川口の家と飯能の家の建て主さんが興味を持っています。
後は天気さえ良ければ・・・でも、よく雨に遭うんです。晴れて、美味しいキノコ汁でも食べて、楽しく伐採を見学出来れば最高なのですが。

     マツザワ設計  松澤静男
| 設計/デザイン | 22:34 | comments(0) |
”木の家 ”見学会&音楽会
一級建築士事務所 マツザワ設計です。

2月竣工引渡しより約半年
建て主様のご厚意により再び見学会を行います。


竣工の際の見学会においては、設計者松澤静男による解説、建て主様から
のエピソード紹介音楽会の開催と色々と見聞きして頂くことによってご好
評を得ることが出来ました。

そんな見学会から早半年、味をしめたスタッフにより再度企画させて頂き
ました。

今回も存分にマツザワ設計物件をご堪能頂くとともに、好評だった音楽会
はもちろん、少しでも生活している気分が味わえるよう、お茶を飲みなが
らの座談会なども検討中です。



●日   時 : 9月25日(土)26日(日) 
         13時30分〜16時30分(予定)
●場   所 : 埼玉県川口市
●参 加 費 : 無料です。
●定   員 : 定員は特にありません。

*申込み・お問合せは、マツザワ設計まで。

 マツザワ設計:http://www.aa-mat.net
          mailto:smat@aa-mat.net
 TEL:048- 885-8241 / FAX:048- 885-8219
| 設計/デザイン | 18:24 | comments(0) |
ローコストな木の家
前のブログに、木の家が安過ぎ・・っていうのを松澤さんが書いていましたね。

確かに、今の時代、777万円で家が建つ・・なんてコマーシャルしているくらいですから、家って案外安いんだなぁ・・なんて思う人も多いかも知れません。

先日、木の家が欲しいのだが1500万では不可能か?・・といった内容の問い合わせがありました。
777万円と比べると倍くらいの金額ですが、設計費なども含めての金額ですと、僕の事務所では20坪くらいの家でないと無理です・・とお話しました。

せっかく問い合わせしていただいたので、何とか実現させたい気持ちはあるのですが、現実的な部分と、つくる物へのポリシーと、家の寿命などを考えると、最低限ここまでつくるにはこれくらいの金額は必要・・という考えがあり、手が出せません。
ですから、つくれるところはあると思いますが・・という前提で、当社では無理です・・とお答えしたわけです。

何処か良い業者に出会えれば良いのだが・・と思います。

コウ設計@大沢
| 設計/デザイン | 16:32 | comments(0) |
木の家が安過ぎ・・・
このところ仕事が増えて来ていますが、木の家が無理やり安くなってしまっています。まあ良い事だと言えば良いのですが、もう少ししっかりと設計して創りたいなと感じています。
ローコストは設計者にとっても興味があり、面白いのですが、いつもになるとチョット辛くなって来ます。設計をして、工務店と減額の交渉をして、設計変更を重ね、何とか予算に合わせても、建て主にとってはちょっと値切ったくらいの気持ち・・・そんな方も居ます。安い高いは単なる契約金額の話ではなく、その建物の価値や完成後のメンテなども絡んでくるものです。あと少し加算してもらえれば・・・といつも苦しんでいますが、まあ予算が目一杯の人もいるので、今こんな時代は仕方がないのかも知れません。

と、愚痴を言っても仕方がありませんが、あまり金額ばかりに目をやらずに、中身も見て家づくりをしましょう。

秋から動き出す現場が多いので、もう少しするとローコストの木の家をたくさん紹介出来そうです。今はお寺などが動いていますが、ちょっと住宅とは違った苦労があります。でも、やっぱり苦労もするけども満足度が高いのは住宅ですね。しばらくは我慢してローコストの木の家を設計し続けます。

      マツザワ設計 松澤静男
| 設計/デザイン | 18:25 | comments(0) |
杉と桧

柱の左側がヒノキの梁、右側がスギの梁です。

よく、素人さんはスギもヒノキもよく解らない・・と云われますが、並んでいるのを見ると解りやすいと思います。

ヒノキは、赤茶色の節が見えていますが、スギは節がありません。
しかし、節が木の特徴ではなく、材料の部位や製材のやり方による差ですから、色合いをみてください。

ヒノキは、全体にピンクがかって見えますが、スギは赤身(中心に近い部分)と白太(周囲の部分)の部分とのコントラストが綺麗だと思います。

梁材としての強度も選択肢の一つですが、皆さんの好みはどちらでしょう・・・

<コウ設計@大沢>
| 設計/デザイン | 17:34 | comments(0) |

このページのTOPへ

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

コンテンツガイド